Workshop participants in Pune India at OSHO Sammasati

インド・プネーのOSHOインターナショナル・メディテーション・リゾートで、ワークショップ参加者たちと

 

私たちのワークは、インドの神秘家であり師であるOSHOのヴィジョンからインスピレーションを得ています。OSHOについてさらに知りたい方はこちらへどうぞ。

 

OSHOのヴィジョンの基礎には、瞑想−−内面にある現実に深く親しむことと並んで、人生がもたらすすべてを喜びとともに受容し、さらにはお祝いするという姿勢があります。一言で言えば「ゾルバ・ザ・ブッダ」—小説「その男ゾルバ」で知られる、愛すべきギリシャ人ゾルバのような愛と喜びとダンスが、ブッダ(仏性)という言葉が表す目覚めた意識と気づきと一つになるのです。死は、生きる上で欠くことができない部分であり、人生を強烈に生きること、喜びとともに意識的に生きることこそ、死に対する最良の準備なのです。人が意識的に生きたとき、死は悲劇ではなく贈り物、生のクライマックスとなるのです。

 

これについて、OSHOはこの短いビデオのなかで簡潔に語ってくれています。

 

生と死に対するOSHOのビジョン

 

「私のワークは、いかに生き、いかに死ぬか、いかに喜び、いかに悲しむか、いかに青春を楽しみ、老いを楽しむか、いかに健康を楽しみ、病気を楽しむかという教えで成り立っている。

 

もし私があなたの健康や、喜びや、生を楽しむことだけを教えれば、もう一方がおろそかになる。そうなれば、私はあなたの中に分離や分裂を生み出すものを教えていることになる。私は全面的に在ることを教える。

 

所有しないように。つかまないように。執着しないように。物事がやってきては去るにまかせなさい。物事があなたを通り抜けるにまかせるのだ。そうすれば、あなたはいつも繊細で、開いたままでいることになる。そうすれば、大いなる美、大いなる恩寵、大いなるエクスタシーがある。悲しみは喜びと同じぐらい、あなたに深みをもたらす。死は生と同じぐらい、大いなる贈り物をもたらす。そうなれば人は、この存在全体が彼のものだと分かる。夜も昼も、夏も冬も――すべては彼のものだ。傷つきやすく、オープンで、くつろいだ状態にとどまることで、あなたはマスターとなる。

 

最も偉大な学びとは、何にもしがみつこうとしないことだ。あなたの愛にも、喜びにも、身体にも、健康にも。あなたの健康、身体、愛、女性や男性――すべてを楽しみなさい。けれども執着してはいけない。もし手に入れば、楽しみなさい。もしなくなれば、感謝とともに―不平不満ではなく、それがあなたに与えてくれたすべてに対する感謝とともに手放しなさい。そうすれば、あなたは生と死の、光と闇の、存在と非在の、最も偉大な喜びを知ることになる。

 

(OSHO ダンマッパダ(仏句経)~ブッダの道 第7巻)

 

OSHOのヴィジョンには信条や教義はありません。信者になったり、追っかけをしたり余地はありません。OSHOの洞察や提案が気に入れば、役に立つ仮説として試してみてください。それによって自分の体験から、自分なり理解がもたらされることでしょう。私たちはみな、自分独自のやり方で成長への道を歩みたいと望んでいるのですから。そして成長とは、完全に意識的になることなのです。

このHPの多くの瞑想は、OSHOによるもの、あるいは彼が勧めているものです。

これらの瞑想法は、静かに座るヴィパサナ瞑想をはじめとし、せわしく慌ただしい生活を送る現代の人々に向けてOSHOが特に創り出したアクティブな瞑想法まで、広い範囲にわたっています。瞑想法については、瞑想法の目次から見ていただけます。

ファシリテーターについて

マニーシャ・ジェームスと、スディール・P・ニエットは、OSHOの古い弟子であり、現在のOSHOインターナショナル・メディテーション・リゾートで長年暮らし、ワークをしてきました。現在は、瞑想のため、ワークショップをファシリテートするために、毎年その場所を訪れています。

 

下記のリンクから、私たちのワークに関するOSHOの講話を読むことができます。

Osho on Meditation

Osho on Health

Osho on Ageing and Maturity

Osho on Illness and Pain

Osho on Death and Dying

Osho on Imminent Death

Osho on Grief

 

 

OSHOについてさらに知りたい方、インドのOSHOインターナショナル・メディテーションリゾートに関してのさらなる情報は、www.osho.comへどうぞ。OSHOの瞑想法を試してみたい方は、世界中に多くのOSHO瞑想センターがあります。オンラインのアーカイブ(www.osho.com/library)では、OSHOの言葉を無料で読むことができます。瞑想に関して、あなた自身、あるいはや興味のある方が探求できるその他のたくさんの側面があります。とくに、Mentors Channel21日間の無料のOSHOのイントロダクションは初心者にとって助けになるでしょう。

また、OSHOの言葉や瞑想法をメールで受け取りたい方は、mySamasatiに登録してください。

OSHO International Meditation Resort at OSHO Sammasati

 

英語のオリジナルページ

Access Your
Free Guide